2016年7月15日金曜日

サカキに似ている謎の木について

20数年前に、実家から貰った南天の木があります。
「南天は、難を転じて福となす縁起木」
お手洗いの傍に植えて置けと、庭木好きの父が浄化槽の脇に植えました。
 
いつの頃からか、南天に混ざって違う木が生えてきているのに気が付いたのです。
雑木だと思って切っていたのですが、どうも榊に似ている事に気が付きました。
 
確か実家の裏庭には榊の木があったはずです。
 
(写真を添付してネットで質問してみました)

(椿の葉よりも柔らかく、細長いです)
本日中に4件の回答があり、どうやら【樒】(シキミ)のように解釈しました。
 
古来榊同様に用いられています。
花や葉、実、根から茎にいたる全てが毒。特に、種子に有毒の成分が多い為。「悪しき実」とも言われる。もともと、神教・仏教、各宗派関係なく使用する大切な香木である。
ちょっと凄い木のようです。
取りあえずは、可愛いオカメインコには触れさせないようにしないといけませんね。
でも、南天同様に大切にしたいと思いました。
 

 



0 件のコメント:

コメントを投稿